別れ方で違うタイミング

別れ方で違うタイミング

別れ方別のタイミング
別れ方によって復縁のためのタイミングは違いますし、どちらが別れを切り出したかによっても復縁のタイミングは違います。

例えば、あなたから別れを切り出し、破局を迎えた場合は、相手はまだあなたの事を思っている可能性が大きいので、復縁したい気持ちになったら早い段階でその意思を告げる事が大切です。

あなたから別れを切りだしておいて復縁したいなんて言いづらいなんて気持ちも起こりますが、あなたの気持が復縁に傾いた時がチャンスなので、自分から別れを切り出し破局にした場合は早めに復縁したい意思を伝える事が、復縁できる秘訣です。

時間が経つほどに人の気持ちはどんどん変化していきますし、自然に誰かと知り合うチャンスだってめぐってきます。
なので、自分から別れを切り出した破局の場合は、その気になった時が復縁出来るチャンスと考える事が大切です。

このように別れ方、別れをどちらがきりだしたか?という部分で復縁のタイミングは若干違ってくると思いますから、もし今別れた相手と復縁したいと考え、その別れが自分からという場合は、早めにその意思を伝えてください。

復縁は中々難しい事のようですが、タイミングさえ間違わなければ以外にスムーズに元の鞘に収まります。
なので、復縁したいけど無理かな‥と諦めかけている方は、勇気を出して相手の気持ちを探りながらタイミングを見計らって、その思いを伝えてください。
復縁の成功率は思いのほか高いものです。

相手が別れようといったら‥

自分から別れを切り出す破局の場合の復縁は、早めのタイミングでその意思を伝える事が成功の秘訣です。

では、相手が別れようと言ってきた破局の場合はどうするか?

相手が別れようと言ってきたのだから、もう脈は無い‥。
そう考えてしまう方も多いかと思います。

でも、こうした別れの場合でも可能性は0ではありませんし、タイミング次第で復縁させる事も出来ます。

ただ、ここで注意しなければいけないのが、自分の思いだけをしつこく伝えると言う事。
こうしたアクションは、逆により嫌われてしまう事になるので、相手が別れを切り出した時の復縁の場合は、しつこくしない事がポイントです。

また、相手の心理をよく分析してみる事。
相手から別れを切り出す場合は、他に好きな人が出来たか、将来的な何らかの問題でそうなる場合が考えられます。
更に中々会えないという事で別れを切りだす場合もありますし、あなた自体のわがままや態度が嫌になり別れたというケースもあります。

いずれにしても相手が別れを切り出す場合は、相手自体が相手自身の事を考え、別れを切りだす場合と、あなたの事を考え、別れを切り出すパターンに分かれます。
前者でいえば、好きな人が出来たから別れる等が該当しますし、後者になればあなたの何かが嫌でそこを変えてほしいと願い別れる破局が該当します。

なので、前者の場合はタイミングとして復縁したいと焦る気持ちを抑え、時間をかけてゆっくりアクションを起こす事がポイントですし、後者の場合はさりげなく友人のひとりとしてのメールで連絡を取りつつ、成長した自分をアピールしていき、悪い部分の反省の意思を伝えていけば復縁の可能性を高めます。

元彼との復縁

元彼との復縁

■元彼との復縁はアリ?
お互いに納得した上で別れたとしても、月日がたつほどに会いたいと思ってしまう事もあります。

ですが、実際のところ別れた彼とよりを戻す事なんて出来るでしょうか?

別れた彼、彼女とやり直せる事は出来るか?の調査によれば、男性よりも女性の方がやり直せないと感じている傾向にあり、男性は意外に別れた彼女とやり直す事が出来るという回答が多いようでした。

なので、女性が元彼とよりを戻したいと考えれば、作戦次第で上手くいくという事になります。

実際、男性がよりを戻したいと考える瞬間というのは、別れた彼女と偶然会ってその彼女がすごくきれいになっていた時
つまり、別れたとしても、もし彼氏とよりを戻したいと考えるなら、別れたことに落ち込んでばかりいないで自分をその時以上に磨いておけば、偶然街であった時にまた復活する事も多いに考えられるという事なんです。

女性は一度別れれば、あまりやりなおせるなんて考えない方が多いのですが、そんな中にもやはり前の彼氏が忘れられないと言う人もいますよね。
そんな方は、まず自分を磨く努力をしていく事が大切です。
そして、彼氏があなたの部屋においていってしまったものなんかがあれば、それを届けるのが再開のきっかけにもなります。

いずれにしても復縁したい場合は、落ち込まずに自分磨きを始めていく事が大切ですし、別れた時以上にキレイになる努力をしておけば、その姿を見ることで彼氏の方がよりを戻したいということになるケースが多いのです。

タイミングをはかる

元彼と復縁したい場合は、とにかくねちねち思っていないでキレイになる事に専念します。

悔しい思いで別れたとしてもいつの日か復縁したいと考える時もあり、そんな時に見返すためにも女性はキレイになろうと考えるものですが、別れた彼とやり直したい場合はキレイになる努力を怠ってはいけません。

男の人は半数以上の方が、やり直せると考えている傾向にあるので、もし元彼との復縁を望んでいる場合は、別れた時以上に自分がキレイになれるよう努力する事でその願いが適います。

また、元彼と復縁したい場合は、やはりタイミングも大事です。

新しい彼女が出来たとしても数カ月後には何らかの不満が出てくるもので、そんな時にタイミングよく偶然キレイになった貴方と再開すれば、やっぱりおれにはこいつかな?とも思わせる事ができ、復縁するケースも多いのです。

要するに懐かしいと感じる時期というものがありますよね。
そのタイミングに上手く彼と会えるように作戦を立てておけば上手に復縁出来てしまうものなんです。

もちろん、彼の方が全くあなたに未練が無いと言う事もあり、その場合は復縁するのも難しいところですが、いくら新しい恋が彼の方でスタートしていても必ず二人で付き合っていた事が懐かしいと感じる時期が来るので、そのタイミングに上手に合わせてアクションを起こせば復縁出来るケースが多いです。

いずれにしても復縁したい場合は先ず自分をその頃以上にいい女にする努力がポイントとなりますね。

別れた夫婦の復縁はあり?

別れた夫婦の復縁はあり?

別れた夫婦が復縁するには?
恋人でも夫婦でも、何かが原因で別れた場合はその原因を改善することで復縁は可能です。

ただ、恋人と夫婦になれば、その関係における重みが若干異なると思いますが、夫婦にしてもいったん離婚した場合でも復縁出来ます
しかし、夫婦の場合はよほどの決意で離婚をする事になるので、復縁する場合も同じくよほどの決意で復縁出来るよう努力する必要があります。

夫婦の場合は、男と女だけでなく子供も授かることになりますから、本当は子供のためにも永遠に添い遂げる事が正しい選択なのかもしれませんが、どうしてもうまくいかない関係もありますから、離婚をするにしても致し方無い事かもしれません。

ですが、片方がそれでもやはりこの人と一緒にいたいと考えるなら、それは努力次第で元通りにする事が出来ます。

先ず別れた夫婦が、また一緒になれるようにするには、別れた原因をきちんと振り返り、何がどうしたらまた一緒になれるか?という部分を真剣に考え解明する事。
そして、それは自分が変わることにより元通りになるのであれば、その原因をしっかりと改める事が必要です。

最初は相手も二度と会いたくないという気持ちで離婚したのだと思いますから、ある程度の冷却期間を必ずおいて、落ち着いた頃に会ってもらえるようアプローチしていきます。
色々な原因が積もり積もって別れに至る事も夫婦という関係にはありますが、解消できる原因で離婚になってしまった場合は、その原因を変える、直す事で復縁は必ず出来ます。

復縁をスムーズにする方法

離婚した夫婦というのは復縁も中々難しいですが、離婚した夫婦がまた結婚するケースは実は多いです。

もちろん、離婚した原因により復縁不可能な場合もありますし、復縁しない方が賢明という夫婦もいます。
例えば、片方が暴力をふるう等の場合は元通りにならない方が絶対に幸せになれます。
浮気なども病気という方がいますから、こうした相手なら元通りになっても又浮気する危険性は大です。

よほどの事が無い限り、浮気性の方は治る事がないので、この場合の復縁は慎重に相手をチェックした上で復縁の結論は出さなくてはいけません。

いずれにしても別れた夫婦が復縁する事は可能ですが、あくまでその原因により違います。

ただ、復縁をスムーズにするには、夫婦の間に友人や知人をはさみ復縁したい様子である事をさりげなく伝えてもらうとか、会うチャンスを作ってもらうなどすれば復縁のアプローチもスムーズにいきます。

仮に修復可能な原因がもとで別れた場合は、こうした夫婦の共通の知人に間に入ってもらいながら復縁のアプローチをして、離婚後の自分を見てもらう事で相手の気持ちも変わりやすく受け入れてもらえ安くなります。

復縁の難しそうな夫婦の場合は、間に誰かに入ってもらう事により会うタイミングも作りやすく、復縁のアプローチ自体がスムーズにいきます。

ただし、復縁は離婚した夫婦だからこそ尚更難しいですから、慎重に考え行動を起こさなくてはいけません。

復縁前の気持ちの整理

復縁前の気持ちの整理

元恋人とよりを戻す前に
恋人と別れるとやはり気持ち的に寂しいものです。
また、自分が本当にいやになって別れたという事でない場合は、余計復縁も考えてしまいがちです。

ただ、復縁をしたいと考える場合は、復縁のためのアクションを起こす前にきちんと自分の気持ちと向き合う事も大切です。

寂しいから復縁したいと思ってはいないか?
自分は単に都合のいい女ではないのか?
やり直して本当に今度は上手くいくのか?

こうした部分をきちんと考え行動を起こさなければ、いくらまたつき合ったとしても上手くいく関係ではないと思いますので、復縁をしたいなら、やり直して本当に今度は上手くいくのか?等の部分はしっかりと考え結論を出す必要があります。

人間は寂しくなるとどうしてもわかれた相手のことを愛おしく思えてしまうもので、別れた時は憎らしいと考え別れたつもりでも寂しさのあまり相手がいつの間にか美化されてしまう。
また、そうした寂しさゆえの間違った復縁をしてしまうケースもあるので、復縁を考える場合は自分の気持ちをきちんと事前に際チェックする事も大切なんです。

なので、復縁をしたいと考えた時には、どうして二人が別れたのか?を今一度まず思い出す事。
そしてどちらが理由で別れた等もしっかりと思いだす事。

その辺を事前にきちんと振り返ることで本当によりを戻して上手くいくか?等も見えてきますので、復縁を考える時には別れた経緯を振り返る事からはじめることも大切なんです。

復縁する際に注意すべき点

例えば、女性から復縁を迫り、会いたいなんていえば、中にはそのままその人の都合のいい女になってしまうケースが多いです。
そのため、復縁する際は自分の気持ちや相手の気持ちをしっかりと確認した上でアクションを起こす事が大切です。

なので、男性側は復縁のつもりはなくても会いたいと女性側から連絡が来て、その時自分にも特に好きな人がいなければ会うかもしれませんし、また男女の関係がはじまるかもしれません。

ですが、こうしたきっかけで復縁するケースというのは大いに都合のいい女にされてしまうパターンが多い。
なので、女性が復縁したいと持ちかけ復縁するケースでは、男性に好きな人が出来たらまた、別れるとパターンになりやすい。
そのため、復縁をしたい場合でもワンクッション置く程良いタイミングが必要ですし、最初から会いたい復縁したいと告げる事は×なんです。

そのため、復縁を考える場合は、別れた後の一定期間が必要で、その期間に自分の気持ちとじっくり向き合い、それでも相手と復縁を考えるならば行動を起こします。
ただし、最初から復縁したいとは言わない事がポイントで、知り合いもしくは友人のひとりとしてメールを送り相手の気持ちを探ります

また、この時相手のリアクションが低いもしくは連絡が無い場合は、脈がありませんので潔く諦めることも大切ですし、その場合は早く新しい目標を見つける事が大切です。

復縁のベストなタイミングとは

復縁のベストなタイミングとは

タイミングを逃さない
復縁出来るかどうかは上手くタイミングに乗ることも大切です。

何となくメールのやり取りや電話で話せる段階まで来た時に復縁をいきなり迫ってもいい返事がもらえないかもしれませんから、復縁を考える場合は相手が今ならOKするかも?のタイミングで復縁をふっていきます。

例えば、お互い電話をし合う様になり、いつしか相手が自分の恋人の話を持ちかけてきたとしましょう。
「今彼氏いるの?」「今つきあっている人がいるの?」
こんな話題が出てきた時には、あなたとの事をもう一度考え始めているタイミングと考えていいので、こうした話が出た場合は復縁を持ちかけるチャンスと見ていいと思います。

さらに、最初は復縁したくて自分からメールをしていたのが、今度は別れた相手の方から電話なり、メールなりが来るようになった場合も復縁のタイミングと判断していいと思います。

最初は気が無くても毎日あなたがメールしているうちに相手もやっぱりあなたといると落ち着くとか、楽しいと感じ始めているから、電話やメールが来るようになるので、相手からの連絡がきだしたら相手も復縁を考え始めていると考えてよいでしょう。

特にこうした連絡に頻繁来る行為は女性に多いのですが、こうした場合は確実に復縁を考えている証拠なので、あなたもその気の場合は「今が復縁出来るタイミング」とアクションを起こすべきです。

いずれにしても復縁を成功させるには、焦りが禁物なので、相手の出方や様子をよく観察しつつ、復縁を持ちかけると復縁も成功させる事が出来ます。

相談を持ちかける

別れた相手との復縁を考えた時、復縁を成功させるにはタイミングが非常に大切です。

タイミング次第でスムーズに復縁出来たりしますから、上手にタイミングを測る事が復縁成功のポイントです。

復縁出来るかどうかを探るためには、まず何らかの手段で連絡をとります。
そして何らかの相談を持ちかける
こんな時に優しく相談に乗ってくれる相手なら、あなたとの復縁の可能性は高いので、脈ありと考えアクションを起こしてもよいでしょう。

顔も見たくないほど嫌われた場合は、いくらメールをしても返信が来る事はありませんが、何となく気になっている相手ならメールなんかが来るととてもうれしいと感じるもので、相談したいから会いたい何て言われたら喜んできます。

なので、相談を持ちかけ相手の心理を探ることも復縁を成功させるひとつの手段です。

たわいのない相談でも優しくしてくれる相手なら、あなたとの復縁も見込めますが、完全無視的な感じなら復縁の可能性は低いと考え諦めなければいけません。

このように相手の気持ちを探る方法はいくつかあります。
なので、復縁を考える場合は相手の気持ちを探りながら手順を踏んで復縁したい気持ちを打ち明ける事が大切です。

復縁出来るかどうかは、自分の気持だけではイケませんし、成功しません。
復縁は相手の気持ちをはかりながら勧める事がポイントです。

復縁を遠ざける理由はコレ!

復縁を遠ざける理由はコレ!

元彼との復縁を遠ざけるポイント
別れても未だに彼の事が忘れられない‥。

元彼ともう一度やり直したいと考える場合は、復縁を遠ざけてしまう事をしてはいけません。

男でも女でも別れた人ともう一度つき合いたいと考える事があると思いますが、どちらの場合でも次の事には注意しなければいけません。

例えば、どうしてもよりを戻したいとしつこく電話をする
これは、一度ぐらいなら相手も「無理だよ‥」と許せる範囲ですが、こうした行動が度を過ぎればストーカーとして恐がられるより嫌われてしまいますから、復縁したい場合でもしつこすぎる行動をしてはいけません。

電話を何度もかけて復縁を迫る事もいけませんし、メールを1日に何十通、何百通送ることもいけません

上手に復縁するにはまず自分を磨きその時以上にキレイになって見返すぐらいの気合で頑張らなければいけませんし、タイミングというものもあるので、その辺も十分に考えアクションは起こす事が大切です。

いずれにしても、しつこすぎるというのが復縁を遠ざけるので、どうしても彼と復縁を望む場合はしつこくしない事を鉄則に自分磨きの努力をする事が大切です。

復縁したいとどうしても相手に接触したいと考えてしまうものですが、ある程度の距離を保ちつつ、タイミングを見計らい上手に行動を起こす方が効果的です。

こんな行動は復縁出来ない!

別れ方にもよると思いますが、例えば、相手に傷つけられて別れたケースだと、本当はよりを戻したいにもかかわらず、仕返し的な行動を取ってしまう女性も中にはいます。

ですが、復縁したい場合は、いくら相手に傷つけられて別れたとしても仕返し的行動は逆効果になります。

二人の関係をどうにか修復しようと思う場合は、いくらつきあっていた時にイヤな目にあったとしてもそのことに対する仕返しを考えてはいけません。

男性は女性より復縁出来る可能性が高いと考えているので、仮にイヤな思いでお互い別れても彼女がしばらく見ないうちにキレイになっていたら「よりを戻したい‥」と考える男性が多いです。

そのため、復縁の気持ちがある場合は、その頃よりもキレイになるための努力を行い、再開するタイミングを探ってアクションを起こしましょう。

ただ、男性はいくら気がある場合でもしつこく言寄られてしまうと嫌気がさす男性が多いです。

なので、復縁のためには早くよりを戻したくてもチャンスを待ってからのアクションが大切です。

元彼と復縁するには、その彼が今どうある状況なのかによって結果は左右されますが、平均に元カノと再会した時にキレイになっていれば復縁したいと考える確率が高いので、その時のための努力をしていけば復縁のチャンスが必ずめぐってくるはずです。

ただ、脈なしの場合は、いくらキレイになっていたとしても復縁の可能性はゼロなので、その時は潔く諦めることも大切です。

上手に元彼との復縁を成功させるには「しつこくしない」ことと「傷つけられたことに対する仕返しはしない」ことが大切です。

離婚した夫婦に復縁はある?

離婚した夫婦に復縁はある?

離婚と復縁
離婚をするという事は、結婚した相手をもう愛せない、傍にいたくないと考えたからです。
なので、離婚した二人が復縁なんてあり得ない‥という方もおられるかもしれませんが、実際のところ一度愛し合って一緒に生活を共にした二人だからこそ、復縁する事も可能なのです。

先ず離婚した二人がよりを戻すには、離婚した原因を先ず探る事が必要です。
どうして離婚に至ったか、それによりそこを改善する事が出来ますし、改善できればお互い歩み寄ることも考えられるので復縁も考えられるわけです。

例えば不倫が原因で離婚したとします。
この場合、二度と顔も見たくないと考え離婚するケースも多いですが、その不倫を解消する事により二人の間の障害は無くなりますから、気持ち次第で復縁することも可能です。

夫婦が離婚するにはそもそも色々な理由が考えられます。
なので、改善出来かねる問題で離婚した場合は、修復不可能と言えるかもしれませんが、大体のケースが改善出来得る原因がもとで別れるケースが多いので、その場合はその離婚原因を改めることで解決するわけです。

お互いもしかすると気持ちのどこかでは別れたくないという意識が夫婦ならあると思いますから、お互いの努力次第で別れた夫婦でも復縁する事は可能なのです。

ただ、片方が顔も見たくないと言うほど、片方に怒りを覚えた場合は、一定の冷却期間も必要ですが、夫婦が別れた場合でも原因を改善し、その姿勢をしっかりと相手に証明する事に寄って自然に歩み寄ることも可能なのです。

離婚した夫婦は復縁出来る?

離婚した夫婦が復縁出来るかどうかは、その夫婦によって違います。
片方が暴力等を振るう事により別れた場合は、当然復縁しない方が賢明ですし、そんな相手ではいつまでたっても幸せにはなれません。

ただ、お互いの性格不倫等により別れた時には、片方がその原因を解消する事によりいくらでも復縁する事は出来ます。
ただ、その場しのぎの改善では意味がなく、復縁するにはそれなりの覚悟が必要になります。

一度別かれたものをまた元通りにする事は恋人とは異なり難しい部分もありますが、子供がいる場合なら尚更、本当は離婚はしない方がよいともいえますし、子供のためにも子供の両親となる方々は別れない方がよいかもしれません。

ですが、離婚に至る理由は各家庭で実に様々なので、どうしようもない原因で別れを選択した場合はその選択が正しく別れを選ぶ事が賢明の場合もあります。
ただ、どちらかが復縁を考え、その離婚が自分に原因があるものなら余計その原因をしっかりと改善し、その誠意を相手に伝えることでよりを戻す事は可能です。

いずれにしても一度分かれた夫婦は、その原因次第でよりを戻す事は出来ますし、実際、別れた夫婦がまた一緒になったというケースもありますので、自分に非があることで離婚をしたが、復縁したいとお考えの場合は、その非の部分を更生し誠意を伝えることで復縁は可能です。

復縁のための事前チェック

復縁のための事前チェック

復縁に向けた事前チェック
元恋人とどうしても復縁したい‥。
最近別れた彼ともう一度やり直したい‥。

こんな風に元恋人とやり直したいと考えた時は、相手にその気があるかどうかを事前にチェックする事も大切です。
いくらこっちがよりを戻したくても相手にその気が無いなら当然無理な話しなので、その辺は事前に相手の気持ちを確認しなければいけません。

そこで、どうやって相手の気持ちを探るか?
それが、メールです。
ただしメールは、別れてすぐではお互いまだ気持が安定しませんし、急ぎ過ぎることで余計相手が引いてしまう事もあるので、メールを送る場合は1ヶ月間は待たなくていけません。
つまり別れて大体1ヶ月ぐらい経った頃にメールをしてみるんです。

この時間(1ヶ月間)は自分の気持ちを再確認する意味でも重要なタイミングです。
男女の間では、タイミングというものが非常に重要なポイントとなり、タイミングを外すことで復縁出来ないケースも多々ありますから、程良い時間をおいてからのさりげないアプローチが成功を招きます。

また、1ヶ月間という時間が経てば、本当に自分はもう一度相手とやり直したいか?という部分が見えてきますし、単にさびしいだけでよりを戻したいと考えているかも自覚できるようになります。

このように復縁するためには、ある程度の期間を設け、自分の気持ちの整理をしっかりとつけてから、それでも相手と復縁したいかどうかをも大切なんです。

別れた相手へのメールの送り方

よりを戻したい気持ちで相手にメールを送る場合は、最初から復縁をにおわせる内容のメールは×です。

別れた人とよりを戻したい場合は、最低でも別れて1ヶ月ぐらいは連絡をしてはいけません
そして、1ヶ月経っても自分がまだその人のことを好きで復縁したい場合は、メールを送りますが、その場合も軽い挨拶程度のメールにする事がポイントです。

いきなり、別れて1ヶ月後に復縁したいとメールを送っても相手は引いてしまうかもしれませんので、その際のメールは親しい友人の一人としての内容のつもりでメールを送る事がポイントです。

ただ、ここでメールの返信が無い場合は、脈が無いと考える必要もあります。

復縁をしたいと考える場合は、自分の気持ちも大切ですが、相手の気持ちもあなたと同じでなければいけませんから、その気持ちを探るためにも事前チェックのメールを送ります。

たわいのないメールにきちんと返信が来た場合は、脈がないわけではないので、その返信に伴うメールを送りますが、この際、メールのやり取りが続けられるようなら徐々にメールの間隔を短くするなどして相手の気持ちを探ります

ここで、相手が会いたいなんてメールをよこしたら脈は大ありなので、すぐに会いに行っていいと思います。

この要に復縁するためには、自分の本当の気持ちと相手にその気があるかを確認した上でアクションを起こす必要があるので、復縁を望む場合は事前に相手の気持ちを探るべくメール作戦を行う事がお勧めです。

復縁までの正しい手順

復縁までの正しい手順

復縁までの正しい手順とは?
恋愛にそもそも手順等ありませんが、復縁を考える場合は焦りは禁物です。
焦る事が返って二人の距離を離してしまいますから、焦らずじっくりと時間をかける構えで復縁を成功させましょう。

おそらく別れた当時は、お互い顔も見たくないなんて思ってしまうでしょう。
もちろん、あなたはそれほど嫌いになれずに別れた場合は、相手があなたを受け入れない状態で別れたことになりますが、そうなった相手とよりを戻すには焦ってはいけません。

時間をかけてゆっくりと相手の様子を探りながら復縁まで進める事が大切です。

最初はあなたのアドレスさえも消去され、生理的にもう無理だと感じるほど嫌われたとしてもその意識は時間とともに薄れます
また、あなたが原因で別れになっている時は冷却期間を置く事。
その間にあなた自身何が悪かったのかを今一度考える事。

どうして別れに至ったかをじっくりと見つめ直す、振り返る事により何かしらの思い当たる節が見つかると思いますし、それが分かればあなた自身そこを直す事も出来ますから、別れたころよりつきあいたいと思わせられる存在になる事が出来るんです。

例えば、冷却期間をおいてメールを送る
しかし、返信が無い場合はどうすればいいか?
何度かメールを送っても返信が無いとなれば相手に脈なしと判断するしかないですが、この場合数回程度はこちらから返信が無くてもメールしますが、その後は一切メールをしないという手段に出ると相手は妙にメールが来なくなったことが気になり、今度は相手が用事もないのにメールをよこす場合もあります。

こんなチャンスが来たら今度は友達の一人としてお互いが楽しめる共通の話題で二人のメールのやり取りをまずは楽しみます。

会える事になったら‥

仮に別れた相手ともう一度会えるチャンスが出来た時、どうすればいいか?

二人で会える事に有頂天になっていきなり復縁を迫ってはいけません
復縁を成功させるには、相手の気持ちも尊重しつつ様子をうかがう事も大切なので、二人で久しぶりに会えた場合は、もう一度会えるチャンスを何かしら作ります。

そして、相手が喜ぶような話題を用意し次につなげていきます。

いずれにしても復縁を考える場合は、あなたの気持だけ盛り上がってもいけません。
相手が今どう思っているか?という部分をしっかりとうかがいながら復縁は勧めるほうが上手くいきます。

しつこく言い寄るなんて行為は、復縁をより遠ざけてしまいますから、復縁を考える場合は必ずいったん冷却期間をおいてそこから少しずつ歩み寄る感じで勧めていきます。

何度かメールをやりとりしても実際別れた相手には会いたくないと思われていることもありますので、そこを「会ってもいいかな?」と思わせるように持っていくには「押す」だけでなく「引く」ことも覚えなくてはいけませんし、二人が共通して楽しめるような、相手が食いついてくれるような話題作りも大切なんです。

よりを戻せる復縁ポイント

よりを戻せる復縁ポイント

復縁ポイント
恋人と別れた時には「もう二度と会いたくない」というケースもありますが、「よりを戻したい‥」という時もありますよね。

自分は嫌いじゃないのに、相手に別れを切り出されてしまった破局なんかは、気持ちが残って当然ですが、では、そんな「気持ちがまだ彼にあるのに別れてしまった場合の復縁ポイント」とは何か?

先ず、別れた理由をある程度認識する事が必要です。
仮に彼の方から別れを切り出し場合なら尚更、何らかの理由があります。
なので、復縁のための一歩として別れた理由をきちんと調査する事からはじめます。

別れた理由もしくは別れを切り出された理由が分かれば、自分がどうすれば相手に好かれるだろうか?という事が何となくでも理解できるので、相手にもう一度自分を好きになってもらうためにも「どうして別れた?」という部分を解明するんです。

これはもちろんどんな別れ方の場合でも同じ。

お互いが何となく別れた方がいいというような破局の場合でも復縁したいと考えるなら、その理由をきちんと解明し、そこから改めるところは改め、最初の二人に戻れるべく努力します。

ただ、別れてすぐに復縁何て事はあり得ないので、きちんとお互いがお互いの事を懐かしい感じで思えるようになるまでの期間というのも大切です。
つまり、復縁するには、冷却期間をある程度持ちその間に「なぜ?」というところをきちんと把握しておく事が復縁に近づけるためのポイントなんです。

気持の解明

復縁するためには、復縁させるための一定期間必要です。
期間を置く事で、どんなに嫌いな相手でも懐かしく思えたりするものですし、何となく寂しいと感じるもの。
またそうした気持ちにお互いがなることで復縁の可能性も高めてくれます。
そのため、復縁させるためにはある程度の期間を置く事もポイントですが、その冷却期間の間に自分は彼にとってどんな存在だったのか?というところもきちんと見つめ直す事も大切です。

仮に今復縁したいと考えても、その冷却期間の間に自分の気持ちも冷めるかもしれませんし、やはり彼といたいと思うかもしれませんが、いずれにしても気持を整理させ、なお且つ相手の気持ちを知るためにも色々な角度で二人の事を振り返る事が大切です。

また、彼の方が復縁の気持ちが全くないと復縁の可能性も低いので、その辺もしっかりと理解、自覚するためにも時間というのは非常に不可欠なものとなります。

元彼との復縁を成功させるには、ある程度の時間別れの理由を理解する事。
そして相手の気持ちと自分の気持ちを整理する事が大切なのです。

彼にとって自分はどんな存在だったのか?
また、仮に復縁が成功し本当に幸せとなるのかどうか?

お互いの事、相手の気持ちを、時間をかけてじっくり考え理解する事によって本当に復縁すべきかどうかの答えも出ます。

色々な部分をきちんと考え、それでも彼との復縁を望む場合は、彼に自分をもう一度好きになってもらうよう努力する事と別れた時の自分ではない事が必要なのです。