復縁までの正しい手順

復縁までの正しい手順

復縁までの正しい手順とは?
恋愛にそもそも手順等ありませんが、復縁を考える場合は焦りは禁物です。
焦る事が返って二人の距離を離してしまいますから、焦らずじっくりと時間をかける構えで復縁を成功させましょう。

おそらく別れた当時は、お互い顔も見たくないなんて思ってしまうでしょう。
もちろん、あなたはそれほど嫌いになれずに別れた場合は、相手があなたを受け入れない状態で別れたことになりますが、そうなった相手とよりを戻すには焦ってはいけません。

時間をかけてゆっくりと相手の様子を探りながら復縁まで進める事が大切です。

最初はあなたのアドレスさえも消去され、生理的にもう無理だと感じるほど嫌われたとしてもその意識は時間とともに薄れます
また、あなたが原因で別れになっている時は冷却期間を置く事。
その間にあなた自身何が悪かったのかを今一度考える事。

どうして別れに至ったかをじっくりと見つめ直す、振り返る事により何かしらの思い当たる節が見つかると思いますし、それが分かればあなた自身そこを直す事も出来ますから、別れたころよりつきあいたいと思わせられる存在になる事が出来るんです。

例えば、冷却期間をおいてメールを送る
しかし、返信が無い場合はどうすればいいか?
何度かメールを送っても返信が無いとなれば相手に脈なしと判断するしかないですが、この場合数回程度はこちらから返信が無くてもメールしますが、その後は一切メールをしないという手段に出ると相手は妙にメールが来なくなったことが気になり、今度は相手が用事もないのにメールをよこす場合もあります。

こんなチャンスが来たら今度は友達の一人としてお互いが楽しめる共通の話題で二人のメールのやり取りをまずは楽しみます。

会える事になったら‥

仮に別れた相手ともう一度会えるチャンスが出来た時、どうすればいいか?

二人で会える事に有頂天になっていきなり復縁を迫ってはいけません
復縁を成功させるには、相手の気持ちも尊重しつつ様子をうかがう事も大切なので、二人で久しぶりに会えた場合は、もう一度会えるチャンスを何かしら作ります。

そして、相手が喜ぶような話題を用意し次につなげていきます。

いずれにしても復縁を考える場合は、あなたの気持だけ盛り上がってもいけません。
相手が今どう思っているか?という部分をしっかりとうかがいながら復縁は勧めるほうが上手くいきます。

しつこく言い寄るなんて行為は、復縁をより遠ざけてしまいますから、復縁を考える場合は必ずいったん冷却期間をおいてそこから少しずつ歩み寄る感じで勧めていきます。

何度かメールをやりとりしても実際別れた相手には会いたくないと思われていることもありますので、そこを「会ってもいいかな?」と思わせるように持っていくには「押す」だけでなく「引く」ことも覚えなくてはいけませんし、二人が共通して楽しめるような、相手が食いついてくれるような話題作りも大切なんです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*