アプローチ前の準備

アプローチ前の準備

アプローチをする前に
恋人と別れて復縁したいと考える方は意外と多いですが、復縁を考える時にはじっくりと自分の気持ちと向き合いその当時を振り返る事も大切です。

どうして別れることになったのか?
どちらが別れたいと思ったのか?
別れた理由は何なのか?

この部分は復縁を考える時にしっかりと確認しておくべきポイントです。

別れた時の状況や経緯をじっくりと振り返る事で再度本当に復縁すべきか?の結論が見えてきます。
もちろんそこでさらに復縁したいという気持ちが高まるかもしれませんが、復縁を考える場合は、復縁して再度別れてしまわないようにじっくりとその時の状況や思い、相手の気持ちを考えてみる事が大切なんです。

何かしらの理由があり、二人は別れることになった。
つまり、別れた事には何らかの理由や原因がありますから、その原因や理由を再度認識し、それでも自分は今も復縁したいか?を自問自答する事も復縁するためにはとても大切なんです。

とにかく寂しいからというような思いで復縁した場合は、確実に都合のいい女になってしまいますから、都合のいい女になって不幸にならないためにも自分の気持ちと相手の気持ちを十分に考えてみる事が大切なんです。

もし、夫婦として別れたけれどもまた相手と再婚したいと言う場合も同じ。
別れた原因やその経緯をじっくり思い返すとやっぱり復縁しない方がいいという結論が出る場合もありますから、どんな形にせよ復縁したい場合は、その頃の状況やその原因をきちんと再確認した上でアクションを起こす事が大切です。

再会した後は?

仮に色々と考えアプローチをして、再会にこぎつけたとしましょう。
再会した時には、今の状況を色々と質問し復縁の可能性の有無を確認する事が必要です。

仮にその時相手に好きな人がいる場合は、潔く諦める必要がありますが、別れた時のままの状態であれば復縁の可能性もありますので、是非とも次の約束をしてください。

次の約束を取るためには相手の好きなものを上手く共有できるようなかたちでこの次があるように仕向けます。

例えば、映画でも音楽でも何となく彼が興味を持ちそうな話題を振って、その反応をみてデートに誘うかたちです。

そうすることで、自然に話が盛り上がりついでに次の約束にもこぎつけ、復縁率も高まりますから、復縁を考えアプローチにより無事再開を果たした場合は、相手の状況を確認しつつ問題が無いと判明したら次の約束をとるようにしてください。

再会した場合は、中々次の約束も取りづらいものですが、復縁を望む場合は上手く会話の中から一緒に楽しめるような事に話題をふり、そこから一緒に行こう的に誘う事がお勧めです。

また、こうしたアクションがちょっと苦手という場合は、再会した時に何かを返すふりをしてわざと忘れる
そして、再度忘れ物を渡す的にすると次の約束を取れることになります。

いったん別れた二人が、よりを戻すコツとは、復縁を最初からプッシュせず共通で楽しめる話題で気持ちのわだかまりを徐々にクリアにする事が大切です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*