よりを戻せる復縁ポイント

よりを戻せる復縁ポイント

復縁ポイント
恋人と別れた時には「もう二度と会いたくない」というケースもありますが、「よりを戻したい‥」という時もありますよね。

自分は嫌いじゃないのに、相手に別れを切り出されてしまった破局なんかは、気持ちが残って当然ですが、では、そんな「気持ちがまだ彼にあるのに別れてしまった場合の復縁ポイント」とは何か?

先ず、別れた理由をある程度認識する事が必要です。
仮に彼の方から別れを切り出し場合なら尚更、何らかの理由があります。
なので、復縁のための一歩として別れた理由をきちんと調査する事からはじめます。

別れた理由もしくは別れを切り出された理由が分かれば、自分がどうすれば相手に好かれるだろうか?という事が何となくでも理解できるので、相手にもう一度自分を好きになってもらうためにも「どうして別れた?」という部分を解明するんです。

これはもちろんどんな別れ方の場合でも同じ。

お互いが何となく別れた方がいいというような破局の場合でも復縁したいと考えるなら、その理由をきちんと解明し、そこから改めるところは改め、最初の二人に戻れるべく努力します。

ただ、別れてすぐに復縁何て事はあり得ないので、きちんとお互いがお互いの事を懐かしい感じで思えるようになるまでの期間というのも大切です。
つまり、復縁するには、冷却期間をある程度持ちその間に「なぜ?」というところをきちんと把握しておく事が復縁に近づけるためのポイントなんです。

気持の解明

復縁するためには、復縁させるための一定期間必要です。
期間を置く事で、どんなに嫌いな相手でも懐かしく思えたりするものですし、何となく寂しいと感じるもの。
またそうした気持ちにお互いがなることで復縁の可能性も高めてくれます。
そのため、復縁させるためにはある程度の期間を置く事もポイントですが、その冷却期間の間に自分は彼にとってどんな存在だったのか?というところもきちんと見つめ直す事も大切です。

仮に今復縁したいと考えても、その冷却期間の間に自分の気持ちも冷めるかもしれませんし、やはり彼といたいと思うかもしれませんが、いずれにしても気持を整理させ、なお且つ相手の気持ちを知るためにも色々な角度で二人の事を振り返る事が大切です。

また、彼の方が復縁の気持ちが全くないと復縁の可能性も低いので、その辺もしっかりと理解、自覚するためにも時間というのは非常に不可欠なものとなります。

元彼との復縁を成功させるには、ある程度の時間別れの理由を理解する事。
そして相手の気持ちと自分の気持ちを整理する事が大切なのです。

彼にとって自分はどんな存在だったのか?
また、仮に復縁が成功し本当に幸せとなるのかどうか?

お互いの事、相手の気持ちを、時間をかけてじっくり考え理解する事によって本当に復縁すべきかどうかの答えも出ます。

色々な部分をきちんと考え、それでも彼との復縁を望む場合は、彼に自分をもう一度好きになってもらうよう努力する事と別れた時の自分ではない事が必要なのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*