別れ方で違うタイミング

別れ方で違うタイミング

別れ方別のタイミング
別れ方によって復縁のためのタイミングは違いますし、どちらが別れを切り出したかによっても復縁のタイミングは違います。

例えば、あなたから別れを切り出し、破局を迎えた場合は、相手はまだあなたの事を思っている可能性が大きいので、復縁したい気持ちになったら早い段階でその意思を告げる事が大切です。

あなたから別れを切りだしておいて復縁したいなんて言いづらいなんて気持ちも起こりますが、あなたの気持が復縁に傾いた時がチャンスなので、自分から別れを切り出し破局にした場合は早めに復縁したい意思を伝える事が、復縁できる秘訣です。

時間が経つほどに人の気持ちはどんどん変化していきますし、自然に誰かと知り合うチャンスだってめぐってきます。
なので、自分から別れを切り出した破局の場合は、その気になった時が復縁出来るチャンスと考える事が大切です。

このように別れ方、別れをどちらがきりだしたか?という部分で復縁のタイミングは若干違ってくると思いますから、もし今別れた相手と復縁したいと考え、その別れが自分からという場合は、早めにその意思を伝えてください。

復縁は中々難しい事のようですが、タイミングさえ間違わなければ以外にスムーズに元の鞘に収まります。
なので、復縁したいけど無理かな‥と諦めかけている方は、勇気を出して相手の気持ちを探りながらタイミングを見計らって、その思いを伝えてください。
復縁の成功率は思いのほか高いものです。

相手が別れようといったら‥

自分から別れを切り出す破局の場合の復縁は、早めのタイミングでその意思を伝える事が成功の秘訣です。

では、相手が別れようと言ってきた破局の場合はどうするか?

相手が別れようと言ってきたのだから、もう脈は無い‥。
そう考えてしまう方も多いかと思います。

でも、こうした別れの場合でも可能性は0ではありませんし、タイミング次第で復縁させる事も出来ます。

ただ、ここで注意しなければいけないのが、自分の思いだけをしつこく伝えると言う事。
こうしたアクションは、逆により嫌われてしまう事になるので、相手が別れを切り出した時の復縁の場合は、しつこくしない事がポイントです。

また、相手の心理をよく分析してみる事。
相手から別れを切り出す場合は、他に好きな人が出来たか、将来的な何らかの問題でそうなる場合が考えられます。
更に中々会えないという事で別れを切りだす場合もありますし、あなた自体のわがままや態度が嫌になり別れたというケースもあります。

いずれにしても相手が別れを切り出す場合は、相手自体が相手自身の事を考え、別れを切りだす場合と、あなたの事を考え、別れを切り出すパターンに分かれます。
前者でいえば、好きな人が出来たから別れる等が該当しますし、後者になればあなたの何かが嫌でそこを変えてほしいと願い別れる破局が該当します。

なので、前者の場合はタイミングとして復縁したいと焦る気持ちを抑え、時間をかけてゆっくりアクションを起こす事がポイントですし、後者の場合はさりげなく友人のひとりとしてのメールで連絡を取りつつ、成長した自分をアピールしていき、悪い部分の反省の意思を伝えていけば復縁の可能性を高めます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*