復縁のための事前チェック

復縁のための事前チェック

復縁に向けた事前チェック
元恋人とどうしても復縁したい‥。
最近別れた彼ともう一度やり直したい‥。

こんな風に元恋人とやり直したいと考えた時は、相手にその気があるかどうかを事前にチェックする事も大切です。
いくらこっちがよりを戻したくても相手にその気が無いなら当然無理な話しなので、その辺は事前に相手の気持ちを確認しなければいけません。

そこで、どうやって相手の気持ちを探るか?
それが、メールです。
ただしメールは、別れてすぐではお互いまだ気持が安定しませんし、急ぎ過ぎることで余計相手が引いてしまう事もあるので、メールを送る場合は1ヶ月間は待たなくていけません。
つまり別れて大体1ヶ月ぐらい経った頃にメールをしてみるんです。

この時間(1ヶ月間)は自分の気持ちを再確認する意味でも重要なタイミングです。
男女の間では、タイミングというものが非常に重要なポイントとなり、タイミングを外すことで復縁出来ないケースも多々ありますから、程良い時間をおいてからのさりげないアプローチが成功を招きます。

また、1ヶ月間という時間が経てば、本当に自分はもう一度相手とやり直したいか?という部分が見えてきますし、単にさびしいだけでよりを戻したいと考えているかも自覚できるようになります。

このように復縁するためには、ある程度の期間を設け、自分の気持ちの整理をしっかりとつけてから、それでも相手と復縁したいかどうかをも大切なんです。

別れた相手へのメールの送り方

よりを戻したい気持ちで相手にメールを送る場合は、最初から復縁をにおわせる内容のメールは×です。

別れた人とよりを戻したい場合は、最低でも別れて1ヶ月ぐらいは連絡をしてはいけません
そして、1ヶ月経っても自分がまだその人のことを好きで復縁したい場合は、メールを送りますが、その場合も軽い挨拶程度のメールにする事がポイントです。

いきなり、別れて1ヶ月後に復縁したいとメールを送っても相手は引いてしまうかもしれませんので、その際のメールは親しい友人の一人としての内容のつもりでメールを送る事がポイントです。

ただ、ここでメールの返信が無い場合は、脈が無いと考える必要もあります。

復縁をしたいと考える場合は、自分の気持ちも大切ですが、相手の気持ちもあなたと同じでなければいけませんから、その気持ちを探るためにも事前チェックのメールを送ります。

たわいのないメールにきちんと返信が来た場合は、脈がないわけではないので、その返信に伴うメールを送りますが、この際、メールのやり取りが続けられるようなら徐々にメールの間隔を短くするなどして相手の気持ちを探ります

ここで、相手が会いたいなんてメールをよこしたら脈は大ありなので、すぐに会いに行っていいと思います。

この要に復縁するためには、自分の本当の気持ちと相手にその気があるかを確認した上でアクションを起こす必要があるので、復縁を望む場合は事前に相手の気持ちを探るべくメール作戦を行う事がお勧めです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*