復縁出来るアプローチ

復縁率はある?

復縁率はある?

復縁率のチェック
復縁を考えている時にちょうど元恋人からの連絡。
これって、相手も復縁を考えている‥?

相手が復縁したいかどうかのチェックは、相手の言動を確認すればわかります。

例えば、今つきあっている人がいるのか?なんて元恋人から質問される場合は、確実に相手が復縁を考えているサインです。

もちろん、単に質問の一つとして聞いていると言うケースもありますが、こうした事が気になると言う事は復縁したい気持ちが十分にある証拠ですから、こうした質問を相手にされて、自分も復縁したい気持ちがある場合は、正直に今の状況と自分も復縁の気持ちがあることを告げれば、自然に復縁できます。

また、今はつきあっても無いのに遊びに行こうなんて誘ってくる場合も相手に復縁の気持ちがある証拠です。
仮にその気が無ければ、当然一緒にどこか行こうなんて気持ちにはなりませんから、こうした相手なら復縁出来る可能性が高いです。

ただ、何も考えずに暇だから誘うと言うケースもあるので、都合のいい人にならないようにそこら辺の探りは大切になります。
平均に分かれた相手をどこかに誘う場合は、まだ未練がある証拠なので、あなたに復縁の気持ちがあるなら、誘いに乗ることで復縁できます。

この要に復縁する場合は、相手の気持ちをチェックすることも大切ですし、どうせ復縁するならお互いがその気持で復縁する方がいいので、復縁を考える際には相手の気持ちチェックもしっかりと行ってください。

別れた相手からの連絡、こんな場合は‥?

別れた相手から久しぶりの連絡。
新しい恋人と別れちゃった‥。

こんな連絡が来た時は、復縁出来る可能性が高まります

ただ、単に新恋人となる人を紹介してほしいという気持ちでこうした情報を伝えてくる人もいるので、その辺はそうした連絡の際に質問しながら相手の気持ちをチェックします。

復縁を考える際は、自分が本当に復縁したいかどうかの気持ちをきちんと再チェックすることも大切ですが、相手の気持ちも非常に大切です。

仮に相手に気持ちが無ければ、いくら思っても復縁は出来ませんし、都合のいい人になってしまうケースも多いので、自分が幸せになるためには相手の気持ちもしっかりと受け止めなくてはいけませんし、都合のいい人になってはいけません。

なので、恋人と別れたなんて元恋人から連絡が入った場合は、誰かを紹介するように持ちかけ、相手のリアクションから気持ちを探ることも大切です。

本当にただ、寂しいだけで連絡が入り、好きでもないのに連絡をするなんてタイプの人も多いので、いいように振り回されないためにも色々な作戦で相手の気持ちを読み取ることも大切です。

復縁をこちらが望む場合は、本当に復縁して幸せになるか?を事前にじっくりと考えてみる事が大切ですが、それと同時に相手にその気があるかどうかをきちんと見定める事が幸せな復縁になります。

元恋人からの連絡自体が相手による復縁率が高いと思いますが、復縁を失敗しないためには冷静に相手の気持ちをチェックする事も大切です。

アプローチ前の準備

アプローチ前の準備

アプローチをする前に
恋人と別れて復縁したいと考える方は意外と多いですが、復縁を考える時にはじっくりと自分の気持ちと向き合いその当時を振り返る事も大切です。

どうして別れることになったのか?
どちらが別れたいと思ったのか?
別れた理由は何なのか?

この部分は復縁を考える時にしっかりと確認しておくべきポイントです。

別れた時の状況や経緯をじっくりと振り返る事で再度本当に復縁すべきか?の結論が見えてきます。
もちろんそこでさらに復縁したいという気持ちが高まるかもしれませんが、復縁を考える場合は、復縁して再度別れてしまわないようにじっくりとその時の状況や思い、相手の気持ちを考えてみる事が大切なんです。

何かしらの理由があり、二人は別れることになった。
つまり、別れた事には何らかの理由や原因がありますから、その原因や理由を再度認識し、それでも自分は今も復縁したいか?を自問自答する事も復縁するためにはとても大切なんです。

とにかく寂しいからというような思いで復縁した場合は、確実に都合のいい女になってしまいますから、都合のいい女になって不幸にならないためにも自分の気持ちと相手の気持ちを十分に考えてみる事が大切なんです。

もし、夫婦として別れたけれどもまた相手と再婚したいと言う場合も同じ。
別れた原因やその経緯をじっくり思い返すとやっぱり復縁しない方がいいという結論が出る場合もありますから、どんな形にせよ復縁したい場合は、その頃の状況やその原因をきちんと再確認した上でアクションを起こす事が大切です。

再会した後は?

仮に色々と考えアプローチをして、再会にこぎつけたとしましょう。
再会した時には、今の状況を色々と質問し復縁の可能性の有無を確認する事が必要です。

仮にその時相手に好きな人がいる場合は、潔く諦める必要がありますが、別れた時のままの状態であれば復縁の可能性もありますので、是非とも次の約束をしてください。

次の約束を取るためには相手の好きなものを上手く共有できるようなかたちでこの次があるように仕向けます。

例えば、映画でも音楽でも何となく彼が興味を持ちそうな話題を振って、その反応をみてデートに誘うかたちです。

そうすることで、自然に話が盛り上がりついでに次の約束にもこぎつけ、復縁率も高まりますから、復縁を考えアプローチにより無事再開を果たした場合は、相手の状況を確認しつつ問題が無いと判明したら次の約束をとるようにしてください。

再会した場合は、中々次の約束も取りづらいものですが、復縁を望む場合は上手く会話の中から一緒に楽しめるような事に話題をふり、そこから一緒に行こう的に誘う事がお勧めです。

また、こうしたアクションがちょっと苦手という場合は、再会した時に何かを返すふりをしてわざと忘れる
そして、再度忘れ物を渡す的にすると次の約束を取れることになります。

いったん別れた二人が、よりを戻すコツとは、復縁を最初からプッシュせず共通で楽しめる話題で気持ちのわだかまりを徐々にクリアにする事が大切です。

復縁の心構え

復縁の心構え

復縁のための心構え
復縁をしたいと考えて色々なアクションを取った結果、再会を果たせる事に‥。

ですが、復縁をするつもりでアクションを起こし、復縁がいざ実現するにしてもその時の心構え次第でまた破局する事も大いにあり得るケースです。
なので、再会する際には幾つか質問したい事や確認したい事を前もって準備しておくことも大切なんです。

まず、お互い納得した上で別れたとはいえ、どうしてその時別れたのか?というのは再会が出来た時にもう一度きちんと確認しておくポイントです。
もしかするとお互いの気持ちのすれ違いが原因で破局しただけで、本当はお互い未だに思い続けている事も考えられます。
また、そうなればお互いがベストな状態で復縁する事になるので、復縁するためのアプローチで再会が果たせた場合には、別れた原因なんかを今一度確認してみる事がおススメですよ。

また、再会出来る時には、今の恋人の状況を確認すべきです。
仮に再会は出来たとしても相手にはもう別の思い相手がいるかもしれませんし、そうであれば潔く諦めなくてはいけませんから、再会出来た時には現況を確認する事もとても大切な部分です。

また、別れて間もないにしても今の相手はむかしの相手ではなくなっている可能性も多分にあります。
あの時はこうだったのに今は違う‥というようなことも無きにしも非ずですから、復縁のために色々とアプローチして会える機会が出来た時には本当に復縁すべき相手であるかを再確認するための質問準備が必要です。

元恋人は一人?

元夫、元妻、元恋人。
別れた後も未だに思い続けている場合は、復縁に向けたアクションを起こす事がお勧めですが、復縁のためのアプローチを開始する時は色々な段階を経た作戦が効果的です。

ある程度の時間をおいて連絡を取るとか、連絡をしても復縁を迫らない等、色々なテクを使って再会できるように持っていくのですが、あくまで連絡手段はメールがいいです。

もちろん電話なんかで、友人のひとりとして話をするのもいいですが、メールの方があいてもこちらもスムーズに会話できますから、復縁のための第一アプローチにはメール連絡がお勧めです。

ただ、何回かメール連絡しても相手にその気が無ければ文面で分かりますし、返信も無いと思いますから、その場合は潔く諦めることも大切です。

仮に何度かの連絡で相手から会いたいと再会が実現した場合は、必ず相手が一人であるかどうかの確認もすべきです。

相手に恋人がいてもいい‥というような覚悟があれば無理にそうした質問をする必要はないですが、都合のいい女にならないためにも間違った復縁をしないためにも復縁が実現しそうな時には、必ず今の相手の状況を確認しなければいけません。

復縁を望み再会を果たした時に恋人がいるのか?という質問は非常に緊張する質問ですが、復縁で幸せになるためには非常に大切な質問となるので、復縁を考え会えるチャンスが出来た時には、そうした話を必ずふることが大切です。

復縁前の気持ちの整理

復縁前の気持ちの整理

元恋人とよりを戻す前に
恋人と別れるとやはり気持ち的に寂しいものです。
また、自分が本当にいやになって別れたという事でない場合は、余計復縁も考えてしまいがちです。

ただ、復縁をしたいと考える場合は、復縁のためのアクションを起こす前にきちんと自分の気持ちと向き合う事も大切です。

寂しいから復縁したいと思ってはいないか?
自分は単に都合のいい女ではないのか?
やり直して本当に今度は上手くいくのか?

こうした部分をきちんと考え行動を起こさなければ、いくらまたつき合ったとしても上手くいく関係ではないと思いますので、復縁をしたいなら、やり直して本当に今度は上手くいくのか?等の部分はしっかりと考え結論を出す必要があります。

人間は寂しくなるとどうしてもわかれた相手のことを愛おしく思えてしまうもので、別れた時は憎らしいと考え別れたつもりでも寂しさのあまり相手がいつの間にか美化されてしまう。
また、そうした寂しさゆえの間違った復縁をしてしまうケースもあるので、復縁を考える場合は自分の気持ちをきちんと事前に際チェックする事も大切なんです。

なので、復縁をしたいと考えた時には、どうして二人が別れたのか?を今一度まず思い出す事。
そしてどちらが理由で別れた等もしっかりと思いだす事。

その辺を事前にきちんと振り返ることで本当によりを戻して上手くいくか?等も見えてきますので、復縁を考える時には別れた経緯を振り返る事からはじめることも大切なんです。

復縁する際に注意すべき点

例えば、女性から復縁を迫り、会いたいなんていえば、中にはそのままその人の都合のいい女になってしまうケースが多いです。
そのため、復縁する際は自分の気持ちや相手の気持ちをしっかりと確認した上でアクションを起こす事が大切です。

なので、男性側は復縁のつもりはなくても会いたいと女性側から連絡が来て、その時自分にも特に好きな人がいなければ会うかもしれませんし、また男女の関係がはじまるかもしれません。

ですが、こうしたきっかけで復縁するケースというのは大いに都合のいい女にされてしまうパターンが多い。
なので、女性が復縁したいと持ちかけ復縁するケースでは、男性に好きな人が出来たらまた、別れるとパターンになりやすい。
そのため、復縁をしたい場合でもワンクッション置く程良いタイミングが必要ですし、最初から会いたい復縁したいと告げる事は×なんです。

そのため、復縁を考える場合は、別れた後の一定期間が必要で、その期間に自分の気持ちとじっくり向き合い、それでも相手と復縁を考えるならば行動を起こします。
ただし、最初から復縁したいとは言わない事がポイントで、知り合いもしくは友人のひとりとしてメールを送り相手の気持ちを探ります

また、この時相手のリアクションが低いもしくは連絡が無い場合は、脈がありませんので潔く諦めることも大切ですし、その場合は早く新しい目標を見つける事が大切です。

復縁のための事前チェック

復縁のための事前チェック

復縁に向けた事前チェック
元恋人とどうしても復縁したい‥。
最近別れた彼ともう一度やり直したい‥。

こんな風に元恋人とやり直したいと考えた時は、相手にその気があるかどうかを事前にチェックする事も大切です。
いくらこっちがよりを戻したくても相手にその気が無いなら当然無理な話しなので、その辺は事前に相手の気持ちを確認しなければいけません。

そこで、どうやって相手の気持ちを探るか?
それが、メールです。
ただしメールは、別れてすぐではお互いまだ気持が安定しませんし、急ぎ過ぎることで余計相手が引いてしまう事もあるので、メールを送る場合は1ヶ月間は待たなくていけません。
つまり別れて大体1ヶ月ぐらい経った頃にメールをしてみるんです。

この時間(1ヶ月間)は自分の気持ちを再確認する意味でも重要なタイミングです。
男女の間では、タイミングというものが非常に重要なポイントとなり、タイミングを外すことで復縁出来ないケースも多々ありますから、程良い時間をおいてからのさりげないアプローチが成功を招きます。

また、1ヶ月間という時間が経てば、本当に自分はもう一度相手とやり直したいか?という部分が見えてきますし、単にさびしいだけでよりを戻したいと考えているかも自覚できるようになります。

このように復縁するためには、ある程度の期間を設け、自分の気持ちの整理をしっかりとつけてから、それでも相手と復縁したいかどうかをも大切なんです。

別れた相手へのメールの送り方

よりを戻したい気持ちで相手にメールを送る場合は、最初から復縁をにおわせる内容のメールは×です。

別れた人とよりを戻したい場合は、最低でも別れて1ヶ月ぐらいは連絡をしてはいけません
そして、1ヶ月経っても自分がまだその人のことを好きで復縁したい場合は、メールを送りますが、その場合も軽い挨拶程度のメールにする事がポイントです。

いきなり、別れて1ヶ月後に復縁したいとメールを送っても相手は引いてしまうかもしれませんので、その際のメールは親しい友人の一人としての内容のつもりでメールを送る事がポイントです。

ただ、ここでメールの返信が無い場合は、脈が無いと考える必要もあります。

復縁をしたいと考える場合は、自分の気持ちも大切ですが、相手の気持ちもあなたと同じでなければいけませんから、その気持ちを探るためにも事前チェックのメールを送ります。

たわいのないメールにきちんと返信が来た場合は、脈がないわけではないので、その返信に伴うメールを送りますが、この際、メールのやり取りが続けられるようなら徐々にメールの間隔を短くするなどして相手の気持ちを探ります

ここで、相手が会いたいなんてメールをよこしたら脈は大ありなので、すぐに会いに行っていいと思います。

この要に復縁するためには、自分の本当の気持ちと相手にその気があるかを確認した上でアクションを起こす必要があるので、復縁を望む場合は事前に相手の気持ちを探るべくメール作戦を行う事がお勧めです。